2022-10-30

11月27日(日)草の根タウンミーティングvol.4

草の根タウンミーティングvol.4
ヘイトスピーチ・ヘイトクライムを繰り返さないために
―わたしたちができることは?―

京都市で2009年に起こった「在特会」らによる朝鮮学校襲撃事件から12年後、宇治市ウトロでの放火事件が起こり、この9月には23歳の犯人の刑が確定しました。
ヘイトを目的とした団体が選挙に立候補し、全国的にもネット上の差別言動は後を経ちません。
ヘイトスピーチ・ヘイトクライムを市民の力で無くしていくにはどうしたらいいのでしょう。
京都市の条例つくりはどうなっているの?
他都市ではどんな動きがあるの?
そして被害を受けた人たちは、どのように立ち向かい、尊厳を守ってこられたのか。
地道に取材を重ねて来られた中村一成さんにお話しいただき、私たちにできることを考えるタウンミーティング。
よくわからない、よく知らない、そんな方にこそ参加いただきたいと思っています。

中村一成
ジャーナリスト。
毎日新聞記者を経て2011年からフリー。在日コリアンや移住者、難民の問題や死刑が主なテーマ。
著書に「ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件」(岩波書店)「ル・ポ思想としての朝鮮籍」(岩波書店)

「ウトロ ここで生き、ここで死ぬ」(三一書房)など多数。左京区在住。

11月27日(日)10:30~12:30
出町柳駅前 かぜのね
主催 井﨑敦子と草の根プロジェクト
参加費500円 + カンパ
ご予約はcapupu3@gmail.comまで、お名前とご連絡先をお知らせください。

 

関連記事