2019-06-15

6月18日 ご要望多数につき!舩田クラーセンさやかさんお話し会アンコール

先日の夜、堺町画廊さんをお借りして開催した舩田クラーセンさやかさんのお話会。「聞きたかった!」というお声多数につき、なんと!さやかさんがドイツ語帰国を延期してくださり実現しました。ブラジルとモザンビークで展開される援助という名の大規模農業、プロサバンナ計画。
現地の農家さんたちは「援助はいらない、自分たちはこれまで通り農業を続けたいだけだ」と長年、反対運動をしてこられました。
舩田クラーセンさやかさんはアフリカ研究者として何十年もこの問題に関わってこられ、現地の農家さんの立場で日本政府や日本企業に反対の意思表示をし、政府や企業の方とも根気よく対話を続けてこられました。何度も何度も、情報公開請求によって起きていることの実態を把握し、今後の動きを読み、国会議員に働きかけ、企業担当者にもアプローチを続けてこられたさやかさん。
政府や企業の動きに対抗して、ブラジル・モザンビーク・日本の市民のつながりから生まれた「3カ国民衆会議」を支えてこられたさやかさんから、現地の今、をお聞きしましょう。
まずは知ることから。
そして、普通の市民が暮らしたい社会を描くためのヒントをさやかさんを交えてたくさんお話できたらと思っています。
<日時>6月18日(火)
<会場>出町柳かぜのね
<参加費>500円

 

関連記事